ダメだ!今度こそ原稿を落としてしまう!官能小説家になって2年目の私は早くもスランプに陥っていた…。昨晩から私の原稿を催促する為にずっと傍についている担当編集者の櫻井さんも不安の色を隠せない…。そろそろアレが…櫻井さんのアレが炸裂するかもしれない!!

押さえ付けなくても、腰を振らなくても自らチ●ポを丸飲みにするセルフイラマ!!

折れてしまいそうなスレンダーボディがこの女のドM属性を象徴している!!

喉コキで涙と愛液を垂らしながらチ●ポを懇願!!

セルフイラマで欲情した担当編集者と執筆を投げ出し合体した!!

※この作品はバイノーラル録音されておりますが、視点移動により音声が連動するものではありません。
WEB SERVICE BY FANZA